Google Photos Backupを使ってたまった写真をバックアップしよう

未分類

最近新しいGoogle Photosがリリースされました。なんと、1600万画素までの画像を無制限にアップロードできるという素晴らしい仕様です。

スマホやタブレット専用だと思われがちですが、実は、パソコン上にある写真をアップロードしてバックアップとして使うこともできるんです。

スポンサーリンク

Google Photos Backupをインストール

まずはPC用のソフトをこちらのサイトからダウンロードします。

googlephoto

「パソコン用アップローダ」をダウンロードしてインストールします。

バックアップの設定

インストールが終了するとログインが求められるので、Googleアカウントにログインします。Googleアカウントを持っていない人は作成しましょう。

すると、バックアップ元のフォルダの選択が現れます。

googlephotos2

私の場合は「マイピクチャ\Photos」に写真を入れているのでこのフォルダを「追加」して選択します。

写真サイズは、「高品質」にすると1600万画素までの画像はそのまま、それ以上のものは自動的にリサイズされてアップロードされます。「元のサイズ」にすると1600万画素以上の画像もそのままアップロードできますが、容量を消費してしまいます。

私の使っているPentax Q7は1200万画素なので「高品質」で画質そのままアップロードできます。素晴らしい。

設定が終わったら「バックアップを開始」

「バックアップを開始」を押すと自動的にアップロードが開始されます。アップロードはバックグラウンドで行われるので、終わるまでPCをつけっぱなしにしておく必要はありません(もちろんそのほうが早く終わるとは思いますが)。

バックアップ後に気づいたこと

連続写真を勝手にアニメーション化

バックアップをしてみてびっくりしたのですが、連続写真を勝手に認識してアニメーションGIFに変換してくれました。

他にも画像認識技術を使ったさまざまな機能があるとのことです。いろいろな写真をアップロードするとほかにも新たな発見があるかもしれませんね。

写真をキーワードで検索できる

たとえば、「猫」で自分の写真を検索するとこんな感じで出てきます:

neko

すべての猫が網羅されているわけではないし、間違って猫と認識されているものもありますが、大量の写真から何かを探すには非常に便利ですね。

猫以外にもいろいろなキーワードで分類がされているようです:

search

ほかに、場所で検索できたりするみたいです。ニューヨークとか海外の写真がGPSタグなしに見事に認識されてました。

RAW形式はバックアップできる?

googlephotos4

タスクバーのGoogle Photos Backupの「設定」を見てみると「RAWファイルをアップロードする」という選択肢があります。

これはRAWファイルもそのままバックアップできるのか?そうなら素晴らしい!と思い試してみました。

使用しているのはPentax Q7で1200万画素なので、1600万画素以下という制約は満たしています。

googlephots5

アップロードするとこんな感じで、RAW形式である”.DNG”としてアップロードされています。

しかしながら、ダウンロードすると勝手にJPEGに現像されてしまいました。。。Googleのサーバ上でRAWのまま残っているのか、すでにJPEGになっているかはわかりませんが、RAW形式のバックアップとしては使えないみたいです。

これができたら最強だったのですが。。。さすがに容量的に厳しいですよね。

 Google Photos Backupで写真のバックアップを

ソフトをインストールして設定するだけで勝手にバックアップしてくれるため非常に便利です。PCが壊れると思い出の写真がすべて消えてしまうことを考えると安心感が違います。

ただ、Googleがこのサービスをやめる可能性がないこともなく、有料サービスに移行する可能性もああります。このバックアップだけに頼ることなく、大事な写真は手元でもバックアップすることは必要かと思います。

コメント