水槽の初期セッティング

水槽

買ってきたテトラ ウォーターフォール アクアリウム(WG-25LS)を使って水槽の初期セッティングを行いました。

スポンサーリンク

水槽の開封

IMGP1244

水槽は開けるとこんな感じ。球体のガラスの部分は取り外しができて、台座の上に置きます。台座にはLEDライトと濾過用のモーターがついています。

とりあえずガラスの部分をすすぎます。当然、洗剤とか使ったらだめです。手作りのガラスらしいのですが、割れやすいらしく、注意が必要とのこと。

底砂(ソイル)と水草のセッティング

IMGP1245

底に買ってきた砂を敷いて、そこに水草を植えます。が、水草がうまく植えられません。そもそも水槽が小さくて植える場所が少ないというのもありますが、根っこがあるわけでもない水草を荒い砂の上にさすという作業で、どう考えてもなかなか安定しなかったです。

また、水草の量が多かったような…。「小型水槽用セット」を注文しましたが、これほど小さな水槽用ではないのでしょうね。

ついていた説明書によると、手前に背の低い水草をうえ、奥に行くにしたがって背の高いのを植えるのがいいですよ、とあったのでその通りに。

注水

IMGP1246

一応水草も植わった(おかれた?)ので、注水。本当はカルキ抜きした水がいいみたいですが、まだ水草しかないですし、とりあえず注水。ああ、水を入れれば入れるほど水草が抜けていく。。。半分以上浮いてしまった気がします。

後から何とかするとして、水を既定のところまで入れて、水質改善剤を投入しました。

さらに、濾過機のセットをして、スイッチオン。無事に滝が流れ始めました。思ったよりひそやかな音で、これなら夜の間つけっぱなしにしても大丈夫ですね。

水槽の中は非常に濁っています。これが濾過機のおかげでそのうちきれいになるとか。こうご期待です。

コメント