水槽のフィルター交換(テトラ アルゴストップS)

最近、フィルターの筒の上から水が漏れそうになっています。

IMGP1488

こんな感じです。フィルターが目詰まりすることにより、水がフィルタの前面に行かなくなり、こうなってしまうようです。後ろに漏れても大丈夫な設計になっているようですが、これではフィルターの効果もいまいちです。

目詰まりした場合はフィルターを水ですすぐという方法もあるみたいですが、フィルターの寿命が2週間ほどで、すでに2週間ほどたっているので、交換することにしました。

スポンサーリンク

交換フィルター候補

交換フィルター候補には2つあります。

テトラ バイオバッグS

元々この水槽にセットでついていたものです。普通のフィルターでお値段は2つパックで150円前後。2~3週間ほどで寿命のようです。

テトラ アルゴストップS

互換性のある新製品で、藻の繁殖を抑えてくれるとか。こちらは2つパックで300円前後。1か月ほど持つようです。

どちらにするか?

アルゴストップのほうが寿命が長く、藻の繁殖を抑える効果もあるので、こちらのほうがいいかなと思いました。寿命が長いほうがメンテナンスの手間も減りますし。。。

早速セット

まずは古いフィルターを取り出す

IMGP1492

こんなのになってました。もともと真っ白だったのですが。。。

新しいフィルタを準備

IMGP1491

この通り、真っ白です。上についているのは吸盤で、どうも私が使っているウォーターフォールアクアリウム以外の水槽にも吸盤でくっつければ効果があるようです。

セットする前に水で軽くすすぎます。

水槽にセット

IMGP1494

差し込むだけです。

交換前と比べると、

IMGP1488

明らかにフィルターの後ろの水位が低いのがわかるかと思います。

フィルター交換は簡単でした

抜いて刺すだけなので簡単です。ただ、フィルターのすすぎが甘かったのか、最初水槽が白く濁ってしまいました。少し経ったら落ち着きましたが、次はもう少し念入りにすすごう。

コメント