楊貴妃メダカの稚魚の色は赤くない

水槽

楊貴妃メダカの稚魚がだいぶ大きくなってきました。

親の楊貴妃メダカは赤い色が特徴なのですが、稚魚は赤くなく、ふつうのメダカ色です。

そのうち赤くなっていくのですかね。

スポンサーリンク

成長した稚魚

IMGP2227

左上が小さな稚魚、右下が一番大きな稚魚です。

元々細長い形だったのが、だいぶメダカらしいフォルムにはなってきました。

ただ、まだ色は白く、楊貴妃メダカらしい赤色にはなっていません。

体長1cmくらいになると色が出るらしい

色々調べてみると、もう少し成長してから色が出てくるみたいです。

小さいときには色が出ないのは不思議ですが、これも育てる楽しみですね。

相変わらずミナミヌマエビより小さいのが心配

IMGP2228

大きくなったとはいえ、まだミナミヌマエビよりもかなり小さく、食べられてしまわないかが少し心配です。

今のところミナミヌマエビのほうは我関せずといった感じですが、おなかが減ってしまったら一大事でしょうね。しっかりえさをあげねば。

コメント