抱卵したミナミヌマエビの引っ越しをしました

引っ越した抱卵中のミナミヌマエビ 水槽

我が家のミナミヌマエビのうちの一匹が抱卵しました。

今度はミナミヌマエビが抱卵しました
最近ずっとメダカが抱卵していて、稚魚を育てたりしています。今度はミナミヌマエビが抱卵しました。水槽を気に入ってくれたということならいいのですが。卵を抱えるミナミヌマエビこんな感じでおなかに卵を抱えています。卵の色は黒というか、濃い紫というか...

このままだと稚エビが生まれても大人のメダカに食べられてしまうので、引っ越しをしました。これでうまく育ってくれるといいのだけど。

スポンサーリンク

メダカ稚魚の水槽に引っ越し

我が家には大人の楊貴妃メダカが4匹暮らすテトラウォーターフォールアクアリウムと、稚魚6匹が暮らすGEX キュービーワイドの2つの水槽があります。

抱卵したミナミヌマエビはウォーターフォールアクアリウムのほうにいたのですが、稚エビは大人の楊貴妃メダカの格好のえさになってしまうようです。また、ほかのミナミヌマエビに食べられることもあるとか。

なので、抱卵した楊貴妃メダカを稚魚たちが暮らすキュービーワイドのほうに引っ越すことにしました。

こちらにはもともと一匹ミナミヌマエビがいるのですが、それをウォーターフォールアクアリウムのほうに移し、かわりに抱卵したミナミヌマエビを入れようかと。

引っ越しはうまくいきました

IMGP2362

引っ越し自体は網ですくって移すだけなのですが、卵を落とさないか少し心配でした。

そこはさすがは母親というか、卵はしっかり持ったまま新しい水槽に移ってくれました。しばらくは水槽を探検していましたが、今は水草の下でおとなしくしています。

水質が急変すると卵ごと脱皮してしまうこともあるようですが、今のところその兆候もなく。引っ越しは成功したかもしれません。

稚魚の成長が速いのが少し気になるけど。。。

でも、最近稚魚がどんどん大きくなってきた気がします。

稚エビが生まれるのが先か、稚魚が大きくなって稚エビを食べられるサイズになるのが先か、少し心配です。。。

 

 

コメント