今度はミナミヌマエビが抱卵しました

抱卵するミナミヌマエビ 水槽

最近ずっとメダカが抱卵していて、稚魚を育てたりしています。

稚魚の引っ越しをしました
100円ショップで買った瓶に入れて育てていた稚魚ですが、だいぶ育ってきたのと、生き残っているのも限られてきたので、引っ越しをしてみました。これでさらにうまく育ってくれてくれるといいのですが。引っ越しの動機稚魚が大きくなってきたというのも大き...

今度はミナミヌマエビが抱卵しました。水槽を気に入ってくれたということならいいのですが。

スポンサーリンク

卵を抱えるミナミヌマエビ

こんな感じでおなかに卵を抱えています。

IMGP2322

卵の色は黒というか、濃い紫というか、そういう色です。

抱卵したのはうちでヌシエビさんと呼んでいる最も大きい個体なのですが、こいつだけやたらと色が黒いなと思っていました。

卵を抱えてからは体の黒さが薄くなって透明になったので、黒いのは卵を持っていたからかもしれません。

孵化までは2週間から一か月かかるらしい

まだ卵を持ってすぐなのですぐには孵化しないようです。

普通のエビは卵からプランクトン状態のエビが孵化し、それがだんだんとエビの形になるらしいのですが、ミナミヌマエビは卵の中でプランクトン状態を過ごし、生まれた時にはエビの形になっているとか。

これから孵化までの間にだんだん黒い卵が白く透明になっていくらしいです。楽しみです。

親エビは子育てモード

親エビはというと、あまり動かなくなりました。

前はえさを求めてうろうろしたりしていましたが、今は隠れられるところでじっとしています。

じっとしていますが、新鮮な水を卵に送るためにしっぽのあたりをパタパタしています。

ちゃんとえさを食べているか心配ですが、水草の近くにいるのできっと水草を食べているだろうと。

なかなか狙ってこのエビの近くにえさを落とすのは難しいですし、えさがあるとメダカに襲われる危険もありますし。

問題は孵化して稚エビになってから

抱卵しているうちは親エビが守っているのでいいのですが、孵化してからが問題です。

稚エビは格好のメダカやほかのミナミヌマエビのえさになるらしく、隠れられる場所が必要らしいです。

一応、たこつぼや各種水草は用意していますが、メダカから身を隠すというわけにはいかないかもしれません。メダカが最近たこつぼに入ったりしてますし。

メダカも素焼きのたこつぼに入ってくれました
せっかく導入したのになかなか入ってくれず、ようやくミナミヌマエビが入ってくれるようになった素焼きのたこつぼですが、ついにメダカも入ってくれました!!非常にうれしいです。ここまで入らないのはメダカにそういう習性がないのでしょうか?メダカは水面...

ウィローモスという水草を入れるといい隠れ家になるとのことなので導入するかどうか検討中です。

ただ、増えすぎたら増えすぎたで困るなぁという気もし、悩みどころではあります。

卵を持ったということは環境が良いということらしい

色々調べてみると、エビが卵を持つということは環境が気に入ったということみたいです。

頑張って世話をしてきたかいがありました。

とりあえずこの点だけでも報われた気がします。

コメント