あまりのうるささに上部式フィルターをあきらめ、エーハイムの外部式フィルターに変更

エーハイム 2213 水槽

現在使っている水槽には、水槽セットに入っていた上部式フィルターを使っています。

しかし、これがうるさく、いろいろ調整してもどうにもなりません。

ついに我慢の限界がきて静かと評判の外部式フィルターに変えることに。

スポンサーリンク

床と共振してうるさい?

使っているのはGEXのデュアルクリーンフリーです。

ドジョウと新しい水槽の来た日 水槽立ち上げ編
前回の記事で45cm水槽に水槽にすることを決めたので早速注文しました。セットアップがなかなか大変そうです。でかい箱が2つ届く今回は熱帯魚関係のネット通販で有名なチャームさんに注文しました。注文した翌日には届く安心の配送です。こんな感じででか...

評判もよく、メンテナンスもしやすいのですが、どうにもうるさい。

といっても、上から浄化された水が落ちてくる音がうるさいとかモーターそのものの音がうるさいというわけではありません。

モーターの振動が床を伝わってくる音がうるさいんです。

おそらく、モーターの振動が床と共振しているんだと思うのですが、音が隣の部屋まで響きます。日中はいいのですが、夜に寝るときに気になるレベルです。

デュアルクリーンフリーはいい上部式フィルターだと思うのですが、我が家の環境には合わなかったということでしょうか。

GEXのサポートにも電話してみましたが、セッティングをもう1度確認してくれと言われ、あまり役に立たず。。。

エーハイムの外部式フィルター 2213を購入!

そこで、静かと評判のフィルターを探すことに。

静かさでいえばやはり外部式フィルターで、その中でもエーハイムのものがいいとのことです。

小さめの2211にするか大きめの2213にするか迷いましたが、大は小を兼ねるということで2213にすることに。

エーハイム 2213

結構存在感があります。

エーハイム 2213

外観はシンプルで質実剛健な感じ。

ろ材はエーハイム メックとサブストラットプロに

外部式フィルターにはろ材を入れる必要がありますが、このろ材の選択肢がいろいろあります。

最初はよくわからないのでエーハイムの推薦するまま以下の組み合わせにしました。

下から順に、

  1. エーハイム メック・・・600ml
  2. エーハイム 粗目フィルターパッド・・・1枚
  3. エーハイム サブストラット プロ・・・900ml
  4. エーハイム 細目フィルターパッド・・・1枚
  5. エーハイム 活性炭フィルターパッド・・・1枚

です。

エーハイムの外部式フィルターは下から上に水を押し上げるタイプなので、最初にメックを通り、最後に細目フィルターを通ることになります。

エーハイムの外部式フィルター用ろ材

左上のリング状のがメック、その下の青いのが粗目フィルター、その右がサブストラットプロ、下の白いのが細目フィルター、右の黒いのが活性炭フィルターです。

水流を抑えるためにナチュラルフローパイプも購入

うちの水槽にはメダカがたくさんおり、メダカは強い水流を嫌うそうです。

1つ大きめサイズのフィルターにしたため、このままでは水流が強すぎる恐れが。

そこで、水流を弱めてくれるナチュラルフローパイプというものを買ってみました。

先がチューリップ型になっており、水圧を弱めた状態で水槽に出してくれます。

エーハイム ナチュラルフローパイプ

設置の自由度を高めるため、フレキシブル排水溝もつけました。

結果は…思った以上の静音化に成功!!

これらのものを設置して稼働したところ、思ったよりも静かになりました

隣の部屋どころか、同じ部屋にいても音に気付かないレベルです。

初期投資が結構高いのですが、実はろ材は長持ちするものが多いので、ランニングコストは安いとか。

また、現在は限定品でろ材とナチュラルフローパイプがセットになったものが売られています。

これを買うと、今回私が導入したものの中のフレキシブル排水溝以外はついてくるというお得さ。

…とはいえ、デュアルクリーンフリーに比べるとずっと高いわけですが。。。

静かにリラックスして水槽を鑑賞できるようになったので、個人的には変えてよかったかなと思います。

コメント